基本的に人は他人に変えられたくない。
自分で変わりたいと思っています。

 

「なんでやらないんだ!」

「なんで何度言ってもできないの?」

 

と言われたら、余計にやらねぇよ!とかなんであんたにそんな事いわれなきゃいけないんだ!
ってほぼ100%の人が心の中で思うとおもいます!

 

とは言え、何回言ってもなんでできないの?
なんで伝えてもやってもらえないんだろうと、自分がいっている側に立ったときには、
自分が言われたときに反抗する気持ちが涌き出ることを忘れてしまいます。
そんな、葛藤が生じる内容ではありますが、
とは言え相手の行動を変えたかったり、変えないといけない場面があるはずです!

 

今回のコンテンツではそんな相手変わってもらいたいときに、
どんなアプローチを実際にしたら良いかについて、私の大学時代の教育学・指導者としてや親になった実体験からお話させていただきます!

 

これを実施していただければ、相手の心を変えて、行動を変えることができるようになり自分も相手もハッピーになるお話ですので、最後まで読んでほしいです!

 




①『そもそも、人間は他人に変えられたくない。』この理解が前提です。

人間は前提として、相手に自分を変えられたくないと思っています。
あなたもそんな経験や共感できる部分があるかと思います。

とはいえ上司とか親・先生など管理や教育をする立場になると、相手を何とかいい方向に連れていってあげたいものです。
その結果相手を変えて差し上げようとして、相手の状況やタイミングを考えずに、または考えたものの頭ごなしに言われているようにとらえられる言い方をしてしまいます。

では、これは言い方や伝え方の問題なのでしょうか?

よくあるのが相手を変えるために、この言い方や伝え方のノウハウを勉強したり、知りたがる方が多いですが、
私は相手を変える・教育をすることで大切なのは次のように考えています!!




②相手の行動を変える最強の力とは?

結論は聞く力(まずは相手の話を先に聞く)

 

人間は自分の話を聞いてもらった分だけ、そこに相手の話を聞くスペースが生まれます。

 

A社長『この危機的な会社の状態だから、時間の効率化をしなければいけない!
サボってる暇はないぞ!
君たちががんばらなかったらわが社は倒産の危機に追い詰められる!さぁみんながんばろう!』

 

B社長『よーし!みんな!なんか問題があったり、こんな取り組みがやりたいというのがあれば、なんでも言ってくれ!私はみなさんの力になりたいんだぁ!』

 

どっちの社長の話を聞こうとおもいますか?

問答無用でB社長だと思います!

 

違いは先に社員の話を聞こうとしているか、先に自分が言いたいことを言うかの違いです!
人を変えたい・動かしたいと思うなら、どんな内容でしゃべるかよりも『先に聞く』これが大切です!
話が理解しやすいと思うリーダーや指導的立場の人は話方が上手いだけでなく、『先に聞く』これができている人間だと私は思います!

 

とは言え『話をいっぱい聞いている、我慢しているのに私のいったことが伝わらない。』というのが、対象が子どもでもあると思います。
子ども一個人で、心のバケツ大きさが違かったり、穴が空いてることもあります。

このバケツが厄介なのは目に見えないことです。
手酌でいっぱいになるまで、話を聞いてあげたり、承認して精水をくみ続けることが大切です。
時にはバケツの修理をしたりしながらです。
このバケツがいっぱいになって精水があふれでたときに、その子に良い変化が訪れるのです。

私たち大人はそれを信じて汲み続けることが最大の仕事だと私は思います!

 

この『聞く力』が高まれば、あなたの話す力が仮に上がらなくても、伝達力があがり相手の行動をかえることができるのです!
『聞く力』の達人は、もっと話を聞かせてくださいと人が集まり、話す達人になると言うことです。

 

 

③具体的に聞く力を高めるには?

具体的にはただ聞くのではなくて、『全身で聞く』です。
大切なことは相手にすごく聞いてもらっている感を出すことですね。
体が動いていないと、相づちだけ打っても聞いてもらっているとおもえないんですね!

私の例ですが、私は比較的家の外では得意な方なのですが、家だと奥さんには時折『あんたちゃんと聞いてるの!?』って言われちゃうので、ちょっと苦手です💦
家だと安心して、アンテナを切らしてしまうのでたまに身の危険を感じるシーンに遭遇します。

偉そうに話してきましたが、私も日々トレーニング中ですので、『全身で聞く』のが苦手な方(特に男性に多い)はいっしょ成長できたらうれしいです!

ちなみに全身で聞くための効果的な方法は次のようなことです

 

全身で聞くための効果的な方法

  1. 『大きくうなづく』 うなずきを大きくして承認を表現
  2. 『座り直す』 話の途中でイスの座り方を変えると真剣に聞くよ感が出る
  3. 『背もたれは有意識で使う』 基本背もたれを使わないが、わざと背もたれにもたれる様に納得するなど
  4. 『紙とペンをもって聞く』【超効果的】
    特に上司が部下の話を聞くときに使うと、最強に聞いてくれてる感が増して効果的!
    ただメモしてるだけなのに、部下は聞いてくれてる!って思う。(管理職や教育の立場の方にオススメ)
  5. 『自分の体を触る』 あごを触ったり・気づきがあった時に頭を触ったりするオーバーリアクションが本気度をあげる
  6. 『腕と脚は組まない』
    心理学的・脳科学的に腕組みと脚組みは『あなたとはコミュニケーションしませんよ!』という守りの意味があるのでやめた方がいいですね!
  7. 『目の動き』【超大事】 基本的に見てる場所は大事で相手を見ますが、たまにふっと目線を外すのも聞いている感が増したり、考えてる感がUPします

 

 

 

まとめ

①『そもそも、人間は他人に変えられたくない。』この理解が前提です。
⇒その前提の中で、言い方や伝え方のノウハウは本質的ではない

②相手の行動を変える最強の力とは?
⇒結論は『聞く力』です。人は話を聞いてもらえたスペースにしか、話を受け入れられない。

③具体的に聞く力を高めるには?
⇒全身で聞くことが大切。具体的な方法は次のとおりです!!

  1. 『大きくうなづく』
  2. 『座り直す』
  3. 『背もたれは有意識で使う』
  4. 『紙とペンをもって聞く』【超効果的】
  5. 『自分の体を触る』
  6. 『腕と脚は組まない』
  7. 『目の動き』【超大事】

 

相手を変えるために大切なのはまずは『聞くこと』が大切という話をさせていただきました。
これまで話してきたことが重要ですが、もう一つ聞くこと・一旦受け入れることが大切な理由があります。

それは価値観は人それぞれ違うからです。
当たり前ですが、72億人には72億通りの違った価値観があります。
おおよそ日本人を3つの年代のカテゴリーに分けただけでも異なった価値観があります。

  • 60歳以上 食べ物(戦後貧しい日本で食べるために働いてきたライスワーク)
  • 40~50歳 お金(日本が高度成長期でモノを作れば作るほどお金が得られた。この時代が日本を経済力を作った。)
  • 20~30歳 存在(ネットの普及で情報もモノも溢れて物質よりも、自己の承認などが価値に)

大きく分けてこの様な価値観に一般的に分けられます。(もちろん20歳の人でもお金が大切という考えはありますが、大きな価値観のカテゴリーとして分けています。)
これに関して例をあげて説明していると長くなってしまいますので割愛しますが、主な年代ごとの価値観が多少前後しますがこうなります。

最近若い年代(意外と優秀な方)が会社をすぐ辞めるという話を聞きますが、この価値観の表を見ればわかると思います。
入社3年目の20代の社員から「来月で会社を辞めさせていただきます。」
と、相談をされた50歳の上司が「給与や休日の待遇を見直すから考え直してくれないか。」と言いやすいと思いますが、
辞めたい本質が価値観の違いに影響が大きいので、待遇の変更では考え直さないわけです。

20代の社員の価値観「存在」という目に見えない複雑な概念なので、説明もしにくいですし上司に分かってもらえないと思って表向きの理由は「休日が少ない。給料が低い。など」の物質的な理由をくっつけて話をするわけです。

自分の存在が承認されたいのが若い年代の『本質』なので、
「今回のプロジェクトが上手くいかなかったけど、今回のがんばりが次につながるよ!」と上司が言ったり(過程承認)、
甘いと思うかもしれませんが、「遅刻しても、君が来てくれてよかったよ。ありがとう!」(存在承認)って言ってあげた方が、辞める可能性は低いです。

承認というのがとても難しいのは、日々の積み重ねが必要でいきなり効果が出ないということです。
しかも、この存在承認が特に難しく95%の人ができないと言われています。(人を動かすのに超重要なんですけどね。)
遅刻してきた相手にありがとうっていうのは超難しいですよね。
でも、「遅刻してきてだらしない。けしからん!」って怒っても本人には反発しか生まなれいんですね。
だって人間は他人に変えられたくないんですから。
相手に気づかせて自分から変わろうと思わせることが大事なので、反発を生む手段を選ぶか、相手を承認して相手が自分から変わってもらうことを選ぶかはあなたの自由です。
私は100%できるわけではないですが、後者をチャレンジ中です!

このブログやYoutubeチャンネルでは「聞く力」などのマインド・メンタル・習慣のお話しもさせていただいています。
挑戦しようと思った方は、有益なコンテンツを発信していきますので、ぜひ当ブログ・当チャンネルと一緒に継続できたらと思います!!

 

 

 

☟YouTube馬の予備校『馬サポちゃんねる』はコチラ ~入学はチャンネル登録するだけ!入学金&授業料無料でセミナー動画見放題~

こちら青文字をクリックで『馬サポちゃんねる』が見れます!!

「馬に乗るノウハウ」や「馬の知識」についてセミナー形式の無料動画を配信!!

最後に『馬uma サポート』LINE無料登録で新着記事情報や登録者限定配信情報が送られるサービスを行っています。
まだ、登録されていない方はすぐ下の『友だち追加』のバナーより無料登録お待ちしております!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 




 

 

『馬uma サポート』LINE公式アカウント友だち募集中☆
~いつも読んでいただき、ありがとうございます!~

下記の『友達追加』のバナーをクリックして5秒で無料登録。
登録された方には、『馬uma サポート最新記事通知』がLINEで届きます♪
みなさんのスマホの中に『馬uma サポート』が強制的に現れるので、最新記事・お役立ち情報が確実に得られます。

ぜひ馬uma サポートLINE公式アカウント』登録お願いします!!

 

↓下記の『友だち追加』バナーをクリックか『QRコード』読取より『馬uma サポート』LINE公式アカウントへ友達追加♪

 

友だち追加
☝『馬uma サポート』5秒で友だち追加はこちらをクリック♪

 

 

 

 

☆2種類のブログランキング参加中☆
~おかげさまで乗馬部門上位ランクイン~

毎日クリックしてランキングを見ていただけると、多くの方に『馬uma サポート』が届き、幸せな馬・幸せなヒトが増えます♪ 幸せな馬・人を増やす共犯者募集中♪

 

乗馬・馬術ランキング

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ

にほんブログ

最新情報をチェックしよう!
>馬の予備校ブログサイト『馬uma サポート』

馬の予備校ブログサイト『馬uma サポート』

乗馬・馬術・競馬など馬に関する騎乗技術や馬の知識を基本無料で公開しています!管理人わぎは全日本馬術選手権大会に3種目(総合・障害・エンデュランス)出場・入賞経験と全国乗馬倶楽部振興協会公認の中級指導者資格取得の経験などからあますことなく情報発信させていただきます!!ぜひ、騎乗技術上達や競馬を楽しむために役立てていただけたらうれしいです♪LINE公式アカウントもやっていますので、「いいね」と思っていただけた方はTOPページタイトル画像下や各記事ページの最後に『お友だち追加』フォームがありますので、登録よろしくお願いします!!お得な新着記事情報やお役立ち情報が無料で配信されます!! 乗馬初心者・未経験者も大歓迎♪ Youtubeでも無料セミナー動画をバシバシ配信しています配信しています! 馬の予備校Youtube『馬サポちゃんねる』入学はチャンネル登録ボタンをポチッと押すだけ!! 入学金・授業料無料でセミナー動画受け放題なのでぜひご利用ください!!

CTR IMG