2020年現在コロナウィルスの影響により、『ステイホーム』や『在宅ワーク』を余儀なくされてきました。
意外に効率的でよい評判も聞くこともありますが(私もコロナ前から在宅ワークは賛成派で住まいは山のほうへ引っ越しています)、
とはいえ外で行うスポーツや趣味に関しては、通っている施設やクラブが営業自粛で

「スポーツ・趣味をやりたいけどその場所にいけない。」

「練習で継続してきた技術が、自粛期間に忘れていきそう。」

などの不安が出ている方も少なくないと思います!

 

ですがこのコンテンツに出会えた方はとてもラッキーです♪
理由は3つあります!
オススメな方法をわぎが実践してるので、コンテンツが豊富だからです
この記事を書いている、今日のわぎの調子が良いからです(よい心の状態は良い動きをつくります!すなわち、よいコンテンツということです!)
私が恩返しをしたいと思っているからです(以前レッスンを受けてくれた方・このコンテンツに出会えた方・オフラインでお世話になった方)

今回はそんなわぎが、『ステイホーム』・『在宅』でも行うトレーニングにオススメな方法とその際に抑えておくべき11のポイントをお話していきます!!

最後まで読んでいただくことで、在宅でも乗馬技術を下げない・むしろUPするモチベーションと知識を得られるはずです!!

 




①在宅で乗馬をトレーニングする方法

在宅ワークでトレーニングを行う方法をここでお話していきます!

在宅乗馬トレーニング方法

  1. 筋トレを行う
  2. バランストレーニング(体幹トレーニング)を行う
  3. 動画・テキストで勉強する(スマホorパソコン)

 

主なものですが、特に毎日できるオススメは動画・テキストで勉強です!!

①筋トレ・②バランストレーニングは筋肉の繊維が回復するために2~3日かかりますので、毎日やるのは逆に非効率なんです。
(ボディービルダーやスポーツ選手は別だと思いますが・・・)

趣味や体の健康のために行うのであれば、ベストなタイミング短い時間効率的に行えるのが良いですよね。

その『ベストなタイミング』・『短い時間』・『効率的』を網羅でき、なおかつ毎日できるのが

『動画・テキストで勉強する』

ことなのです!!

しかも、『可処分時間(仕事・睡眠時間などの生活に必須な時間以外の時間)』の奪い合いをしません。
通常、企業はこの『可処分時間』『可処分所得(生活費などの消費以外の使えるお金)』をとりあうためにサービス提供をしています。
ですから、何かの資格をとりたいとか・楽しみたい・学びたい時には可処分時間と可処分所得を使わざる負えないわけです。(あたりまえですが。)

ですが、テキスト動画での勉強(スマホ)では、テキスト(ブログ)なら(家ではないですが通常の生活というとことで)通勤・通学の電車や病院の待合室などの可処分時間ではない時間で勉強できますし、動画(YouTube)であればイヤホンで通勤・通学はもちろん、お皿洗い中や掃除中の家事の時に音声のみでもながら聞きで学習できるので、これも可処分時間を奪いません。なんなら今すでにある習慣にプラスαで学習しているので継続がしやすいメリットもあります!!

しかも、多くのブログも動画も無料で見れるものが多いと思いますので、可処分所得も奪われずに実際に趣味に使うコストに回せますので
『時間・費用』の面でおススメです!

 

☟YouTube『馬サポちゃんねる』はこちらからセミナー動画を見られます!!

こちら青文字をクリックで『馬サポちゃんねる』が見れます!!

 

 

②在宅で乗馬をトレーニングする際のポイント11選

テキストや動画でノウハウや知識を学びたいのであれば、ボクの運営しているこのブログ『馬uma サポート』YouTubeチャンネル『馬サポちゃんねる』を見ていただくことで解決できます!!
他の動画もたくさん無料で勉強できるものもあり、その中でもトップライダーの競技映像や自分の理想とするメンターの騎乗姿を見れるものがあると思います。
ここではその中でレベルアップの生産性が高まる大切な見方・ポイントをご紹介いたします!!
動画があなたのマインドやモチベーションをアップする強力なツールになるはずです。

在宅で乗馬をトレーニングをする際のポイント11選(動画見るならここを見よう!)

  1. あなたのメンター(師匠・参考ライダー)はどのような姿勢で座っていますか?
  2. 座る位置は若干後ろですか?それとも前よりですか?
  3. 馬に対して支配的なのか?うまく人馬一体となっていますか?
  4. 馬の背中は柔らかいですか?それとも緊張していますか?
  5. メンターの頭は静かでバランスが取れていますか?揺れていますか?
  6. 肩が上がっていますか、それともリラックスしていますか?胸・背中が緊張しているかor柔軟、静かor動いていますか?
  7. 拳はどうですか?(静かor動いているか、低いor高い、感覚は強いor軽い、緊張or柔軟)
  8. 座骨は鞍の上で不安定に見えますか?馬を推しているor受身的に馬に随伴していますか?
  9. かかとは上がっている?まっすぐ(地面に平行)?下がっている?
  10. 顔の表情は集中しているor微笑んでいるorリラックスor緊張or視線はどこにあるかor不安そうですか?
  11. 脚は自然にぶら下がって馬体に沿っていますか?挟みつけていますか?十分に後ろに引かれているか?(扶助時)
    脚は股関節の下にありますかor前にありますか?柔軟or緊張?積極的に使われるor静かですか?

 

これ以外にもさまざまな観点はあると思いますが、これらをつなぎ合わせて再現していくことでイメージしたライダー(メンター)のコピーを私たちはできるわけです。

マネするのは最強で、過去の偉人たちが培ってきた非常に再現性の高いノウハウを私たちは短時間に得ることができる時代になりました。
とはいえ、日本では乗馬・馬術に関心・やる気のある人が無料で取りに行ける情報がなさすぎるのが現状です。
コスト面や学び方が分からずにやむを得ず乗馬をリタイヤする人がいなくなってほしいと思い、このブログとYouTubeをやっています。
乗馬の人口を増やすのであれば、まず出ていく人を0に近づけないといけないですし、ただ新規の方だけ集めても穴の開いたバケツに水は溜まりません。

ぜひそんな手助けとなるツールとなり、コンテンツづくりを目指しています!!
そして魚という技術を直接提供するというより、魚の取り方をお教えしてみなさん流に応用できるサイトにしたいです。

 

③心の状態と体の動きは『本質的に』リンクしている

メンターの体の使い方の学び方を②ではお話しました。
③の見出しにもさせていただきましたが、「心の状態と体の動きは本質的にリンクしている」について話します。

何かを学ぼうとするときに体の動きテクニックなど目に見えるものやすぐに成果が見えるものだけを得ようとしがちです。
もちろんそれもとても重要ですが、学ぶときにメンターや過去の偉人たちのメンタルやマインド(心の持ちよう・ビジョン・感情・理念など)もいっしょに学ぶことが大切です!!

例えば、

「馬にはぜったいイライラしない・怒らないで、支持したいことを気持ちよく馬にやってもらう。」
「できないことがあっても自分の価値を差し引かないで、いずれ必ずできると信じてトレーニングする。」

など内に秘めている『本質』がどのメンターやライダーにもあると思います。こだわりと言ったりもします。

トップライダーが演技をしたり・馬に乗っているときに絶対に
「鐙がぬげたらどうしよう」
「失敗したらどうしよう」
などと思っていないと思いますし、このマインドで乗っていたらまずうまくいかないです。
私もこんな気持ちで乗っているときもありましたが、まぁうまくいかなかったですね!

ですから、
心の状態と体の動きは本質的にリンクしている

ということが共感いただけるかと思います。
良くも悪くも「心の状態⇒体の動き」で心が先にあるのが本質なのです!

ぜひ、テクニックだけでなくいいマインドも一緒に学んでみてください!!
メンターの哲学や心理も知ろうとしてみてください!!

 

 

 

まとめ

①在宅で乗馬をトレーニングする方法

在宅乗馬トレーニング方法

  1. 筋トレを行う
  2. バランストレーニング(体幹トレーニング)を行う
  3. 動画・テキストで勉強する(スマホorパソコン)

おすすめは『③動画・テキストで勉強する(スマホorパソコン)』です!!

 

②在宅で乗馬をトレーニングする際のポイント11選

在宅で乗馬をトレーニングをする際のポイント11選(動画見るならここを見よう!)

  1. あなたのメンター(師匠・参考ライダー)はどのような姿勢で座っていますか?
  2. 座る位置は若干後ろですか?それとも前よりですか?
  3. 馬に対して支配的なのか?うまく人馬一体となっていますか?
  4. 馬の背中は柔らかいですか?それとも緊張していますか?
  5. メンターの頭は静かでバランスが取れていますか?揺れていますか?
  6. 肩が上がっていますか、それともリラックスしていますか?胸・背中が緊張しているかor柔軟、静かor動いていますか?
  7. 拳はどうですか?(静かor動いているか、低いor高い、感覚は強いor軽い、緊張or柔軟)
  8. 座骨は鞍の上で不安定に見えますか?馬を推しているor受身的に馬に随伴していますか?
  9. かかとは上がっている?まっすぐ(地面に平行)?下がっている?
  10. 顔の表情は集中しているor微笑んでいるorリラックスor緊張or視線はどこにあるかor不安そうですか?
  11. 脚は自然にぶら下がって馬体に沿っていますか?挟みつけていますか?十分に後ろに引かれているか?(扶助時)
    脚は股関節の下にありますかor前にありますか?柔軟or緊張?積極的に使われるor静かですか?

 

③心の状態と体の動きは『本質的に』リンクしている
心の状態と体の動きは本質的にリンクしている
良くも悪くも「心の状態⇒体の動き」で心が先にあるのが本質なのです!
ぜひ、テクニックだけでなくいいマインドも一緒に学んでみてください!!

 

 

 

 

☟YouTube馬の予備校『馬サポちゃんねる』はコチラ ~入学はチャンネル登録するだけ!入学金&授業料無料でセミナー動画見放題~

👉こちら青文字をクリックで『馬サポちゃんねる』が見れます!!

「馬に乗るノウハウ」や「馬の知識」についてセミナー形式の無料動画を配信!!

最後に『馬uma サポート』LINE無料登録で新着記事情報や登録者限定配信情報が送られるサービスを行っています。
まだ、登録されていない方はすぐ下の『友だち追加』のバナーより無料登録お待ちしております!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 




 

 

『馬uma サポート』LINE公式アカウント友だち募集中☆
~いつも読んでいただき、ありがとうございます!~

下記の『友達追加』のバナーをクリックして5秒で無料登録。
登録された方には、『馬uma サポート最新記事通知』がLINEで届きます♪
みなさんのスマホの中に『馬uma サポート』が強制的に現れるので、最新記事・お役立ち情報が確実に得られます。

ぜひ馬uma サポートLINE公式アカウント』登録お願いします!!

 

↓下記の『友だち追加』バナーをクリックか『QRコード』読取より『馬uma サポート』LINE公式アカウントへ友達追加♪

 

友だち追加
☝『馬uma サポート』5秒で友だち追加はこちらをクリック♪

 

 

 

 

☆2種類のブログランキング参加中☆
~おかげさまで乗馬部門上位ランクイン~

毎日クリックしてランキングを見ていただけると、多くの方に『馬uma サポート』が届き、幸せな馬・幸せなヒトが増えます♪ 幸せな馬・人を増やす共犯者募集中♪

 

乗馬・馬術ランキング

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ

にほんブログ

最新情報をチェックしよう!
>『馬サポ』とは!?

『馬サポ』とは!?

『馬サポ』では、乗馬・馬術・競馬など馬に関する騎乗技術や馬の知識を基本無料で公開しています!管理人わぎは全日本馬術選手権大会に3種目(総合・障害・エンデュランス)出場・入賞経験と全国乗馬倶楽部振興協会公認の中級指導者資格取得の経験などからあますことなく情報発信させていただきます!!ぜひ、騎乗技術上達や競馬を楽しむために役立てていただけたらうれしいです♪無料メルマガもやっていますので、引き続き見たいと思っていただけた方はTOP画像下や各記事ページの最後に『無料メルマガ登録』フォームがありますので、登録よろしくお願いします!!お得な新着記事情報やお役立ち情報が無料で配信されます!! 乗馬初心者・未経験者も大歓迎♪ Youtubeやラジオでも無料セミナー動画をバシバシ配信しています配信しています! 馬の予備校Youtube『馬サポちゃんねる』入学はチャンネル登録ボタンをポチッと押すだけ!! 入学金・授業料無料でセミナー動画受け放題なのでぜひご利用ください!! YouTube・HIMARAYAラジオ・無料メルマガ (新着コンテンツが届きます)・各種SNSの登録&フォローお待ちしておりますので、すべてお気軽に登録よろしくお願いいたします♪

CTR IMG