YouTubeはじめました!!『馬サポちゃんねる』開設しましたので、右上のメニューより動画見てみてください♪馬・馬術・競馬に出会える人が増えますので、YouTube動画画面からチャンネル登録もぜひよろしくお願いします(*^▽^*)チャンネル開設後2日で10名のチャンネル登録いただきました♪いつもありがとうございます!!

馬の気持ちを理解する騎乗時の方法とは? ~危機管理と馬の7つのサイン~

馬の気持ちを理解する騎乗時の方法とは? ~危機管理と馬の7つのサイン~

こんにちは!
『馬uma サポート』管理人のわぎです!!
いつも当ブログを読んでいただきありがとうございます♪
2019/11/7についに!!

☆LINE公式アカウント登録者数200名突破しました☆

お友だちになってくださった方、ホントにありがとうございますm(__)m
みなさまに活力をいただいていますので、よりいっそう有益な記事を提供していこうと強い気持ち生まれました。
今後ともよろしくおねがいします♪

 

サラブさん
常に200人もの人が俺を見てくれているなんて、嬉しいじゃないか♪
次は1000人目標!夢が広がるな!わぎ!!

 

わぎ
本当に心の底からありがたいことだね!
でも、サラブさんを見に来てるわけじゃないと思うけど・・・でもそう思った方が、サラブさんが幸せそうだからまぁいっか♪
ブログの続きへいこう!

 

では、さっそくですが今回のテーマに入っていきます。

馬は大動物ですが、大人しく・やさいしいというステキな特徴があります。
しかし、その反面『怖がり』な一面を持っているために、何かあって驚くと草食動物特有の『逃走本能』が働き走ってその場から逃げようとしてしまいます。
体の大きな動物にも関わらず、普段は大人しいのでとてもふれあいやすいのですが、イレギュラーなことが起こり驚いてしまうと逆に体が大きい為対処に苦労する場面もあります。
もし、もうすでに馬に乗っている・良く触れあっているという方は経験されているのではないでしょうか?

その様な驚いてしまった馬に苦労した経験をお持ちの方や、これから馬に触れあいたい・馬の知識を増やしたいという方に向けたコンテンツとなっています。
今回の記事を読むことで次のようなことが分かります!
ぜひ、最後まで読んでいただけたらと思います!!

 




馬の気持ちを理解する危機管理について

馬とふれあっていると危険なアクシデントが起こることもあります。(犬でも猫でも動物全般にいえることですが。)
そこで、上級者と初心者の違いは危機的な状況の対処の仕方や察知する能力あります。
一般的な上級者の方は素早く反応できるため、ごく小さなアクシデントに対応すれば事足りてしまいます。
その場面や状況にもよりますが、走られても2~3mで止められると思います。
馬の変化に気づくことが早く行えれば、走り出す馬の対処は簡単になりますので、次のセクションでは『馬が驚くであろう』その変化のサインについてご紹介していきます。

 

 

 

馬の気持ちを理解するための『馬のサイン』とは? ~7つのサイン~

危機管理のベストな対処方法は先にもお話した様に、状況が悪化する前に対処することです。
ここでは、どんなサインが馬から送られるのかを見ていきます。

1.リズム変化

騎乗時に馬の動くリズムが正整さを欠いてきたら、何かがおかしいということです。
馬に乗っているときの情報ではとても重要な変化ですが、ある程度騎乗に慣れてこない難しい部分でもあります。
ですが、騎乗時には積極的にリズムに意識を向けて乗ることで、早く感覚を得られます。
筋トレも鍛えたい部分を意識すること(触ってその筋肉を使う感覚を確かめるなど)で効果が圧倒的にあがります。
『意識すること』は効果を上げるためには、コストもかからない、実行するだけの最強の手段です。

 

 

2.耳の向き・形

馬の耳は注意を向けている方向に向いています。
ですから、その方向に何か気になっているものがあるという事なので、乗り手もその先なにがあるのかを把握しておけるとベストです。
また、耳を伏せる・絞る動作は怒っていたり緊張の表れなので、驚きやすかったり他のイレギュラーな動きを馬が行う可能性が高まります。
対応としては、気になっている方向から少し顔の向きを少しだけ(左右どちらかに5㎝首を曲げるなど)そらしてあげることや、脚やハミに対しての緊張であれば使うのを一時的に止めることで、緊張をといてリラックスさせましょう。

 

参考記事

馬の気持ちを理解するための、誰でもわかる簡単な方法とは?

 

3.頭の位置

頭の位置(高さや向き)も分かりやすい重要なサインです。
例えば、頭が横を向いていたり、頭の高さが高いというのは何かに気を取られ、逃げようかどうしようか考えている可能性があります。(違う要因のときもありますが。)
手綱で無理やり真っすぐにしたり、ハミを使って強引に頭を下げようとするとかえって逆効果なので、内方姿勢を要求してりリラックスさせましょう。

 

参考記事

内方姿勢を50文字以内で説明します。 その後ちょっと細かく解説!

 

ヤギも何か危険を察知すると頭を高くします。

 

 

4.背中の緊張

馬の背中が緊張している場合は気持ちも同じです。
この感覚も馬に乗っているときの重要な情報で、慣れの部分でもあります。
ですが、騎乗時には馬の背中の感覚に意識を向けて乗ることで、早く感覚を得られます。
自分の臀部から馬の背中の変化を察知するように意識する習慣をつけていきましょう。

 

 

5.他馬の存在

部班でレッスンをされる方やクラブ内の他の馬場に馬がいることもあります。
部班なら前後の馬、その他の馬場の馬などの興奮してくれば、騎乗しているみなさんの馬も間違いなく気づきます。
ですから、乗り手も気づかなければなりませんので、気づいた場合は少し距離をとる・咄嗟の動きのために体を反応させる準備をすることが必要です。

 

 

6.群れの反応

グループの馬が走り出したら、自分の騎乗馬もつられて走り出す可能性があります。(気にしない馬もいますが。)
最初の一歩動き出す前に馬の動きを捕まえます。
やり方としては、上半身を真っすぐ起こして、目線をまっすぐ前をみたまま、両方の脚をしずかにくっつけておきます。
両脚を静かにくっつけることなく、手綱だけを思いっきり引っ張ることだけは絶対にNGです。
どんなに止まってほしくても、馬は走っていきます。(競馬の馬が『かかる』原理です。競馬のジョッキーは鐙が短い為、脚を静かに馬体にくっつけることができませんので、ジョッキーの様なモンキー乗りでコントロールするにはバランスと絶妙な拳の感覚が必要です。あの方々は相当上手で大きなミスはほぼしないので、競馬でジョッキーをディスるのはナンセンスです。)

 

 

7.外的要因

馬はどういうモノを怖がるか知っておく必要があります。
スーパーのビニール袋や鳥が急に羽ばたくなど、イレギュラーな動きをするものを特に嫌います。
馬場の表記や障害の物見障害(あざやかな色やユニークな形の障害物)に慣らす場合は、輪乗りをしながら徐々に近づくと効果的で最初は真正面から突っ込まないようにしましょう。
馬が怖がるものを乗り手が知っていることによって、対処の早さは格段に向上します。

 

 

 

騎乗時の危機回避方法

馬の頸は両側を平行に走る2組の筋肉があり、馬が両側の筋肉を同時に緊張させると頸の力は最大になります。
この時両側の手綱を馬が最大の力で引っ張り返しやすくなります。
馬の頸をどちらか一方に曲げてあげれば(必要な角度だけ)、そちら側の筋肉をリラックスします。
そうすると魔法のように馬の頸の力は半分になります。
馬の口が強かったり、止めにくい場合にはこのテクニックを使えば解決できます。
または、後躯の力もこのテクニックを当てはめれば、弱める事ができるので止めやすくなります。
馬が走ってしまったときに巻き乗りしたり、輪乗りを小さくいていくというのも、後肢どおしがクロスして邪魔するので馬の動きを弱めてブレーキしやすくする効果があるのです。

 

 

 

 

まとめ

①馬の気持ちを理解する危機管理について
上級者と初心者の違いは危機的な状況の対処の仕方や察知する能力あります。
一般的な上級者の方は素早く反応できるため、ごく小さなアクシデントに対応すれば事足りてしまいます。

②馬の気持ちを理解するための『馬のサイン』とは

⑴リズム変化
⑵耳の向き・形
⑶頭の位置
⑷背中の緊張
⑸他馬の存在
⑹群れの反応
⑺外的要因

 

③騎乗時の危機回避方法
馬の頸をどちらか一方に曲げてあげれば(必要な角度だけ)、そちら側の筋肉をリラックスします。
そうすると魔法のように馬の頸の力は半分になります。

 

 

馬も動物ですから、乗り手の意図しない行動を当然とることもあります。
ですが、別に怖がる必要もなくその変化に早く気づけるようになったり、対処法や原理を理解しておくことで、みなさんも自信をもって騎乗する事ができます。
ぜひ、今回の内容を繰り返し読んでいただき習得し、楽しく・余裕をもった騎乗技術になることを祈っております♪

最後に『馬uma サポート』LINE無料登録で新着記事情報や登録者限定配信情報が送られるサービスを行っています。
まだ、登録されていない方はすぐ下の『友だち追加』のバナーより無料登録お待ちしております!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 




 

 

『馬uma サポート』LINE公式アカウント友だち募集中☆
【おかげさまで登録者数201名】
~いつも読んでいただき、ありがとうございます!~

下記の『友達追加』のバナーをクリックして5秒で無料登録。
登録された方には、『馬uma サポート最新記事通知』がLINEで届きます♪
みなさんのスマホの中に『馬uma サポート』が強制的に現れるので、最新記事・お役立ち情報が確実に得られます。

ぜひ馬uma サポートLINE公式アカウント』登録お願いします!!

 

↓下記の『友だち追加』バナーをクリックか『QRコード』読取より『馬uma サポート』LINE公式アカウントへ友達追加♪

 

友だち追加
☝『馬uma サポート』5秒で友だち追加はこちらをクリック♪

 

 

 

 

☆2種類のブログランキング参加中☆
~おかげさまで乗馬部門上位ランクイン~

毎日クリックしてランキングを見ていただけると、多くの方に『馬uma サポート』が届き、幸せな馬・幸せなヒトが増えます♪ 幸せな馬・人を増やす共犯者募集中♪

 

乗馬・馬術ランキング

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ

にほんブログ

最新情報をチェックしよう!
>最強の馬総合サイト『馬uma サポート』

最強の馬総合サイト『馬uma サポート』

乗馬・馬術・競馬など馬に関する騎乗技術や馬の知識を基本無料で公開しています!管理人わぎは全日本馬術選手権大会に3種目(総合・障害・エンデュランス)出場・入賞経験と全国乗馬倶楽部振興協会公認の中級指導者資格取得の経験などからあますことなく情報発信させていただきます!!ぜひ、騎乗技術上達や競馬を楽しむために役立てていただけたらうれしいです♪LINE公式アカウントもやっていますので、「いいね」と思っていただけた方はTOPページタイトル画像下や各記事ページの最後に『お友だち追加』フォームがありますので、登録よろしくお願いします!!お得な新着記事情報やお役立ち情報が無料で配信されます!!

CTR IMG